ジョブゲッター.COM

送付状の書き方

履歴書を会社に郵送する際に同封する送付状の書き方や、面接終了後に送るお礼状の書き方・Eメールの書き方を、例やサンプルを使って紹介します。

履歴書を会社に郵送する際、面接が終わった際などに拝啓から始まって敬具で終わる、送付状と呼ばれる挨拶文が添えられていると、人事担当の印象は格段によくなります。

現在では横書きやパソコンを使用しての送付状も多くはなっていますが、やはり縦書き・手書きの方が年配受けは良いかもしれません。また、A4・B5の白い用紙に直接記入してもいいのですが、字やレイアウトに自信がない人はうっすら線の引いてある便箋を使用するのもいいでしょう。

パソコンで作成する送付状の書き方の注意点としては、手書きと違って誤字脱字が非常に気になるので、特に気をつけましょう。一回プリントアウトして、マーカーや赤ペンでチェックをして、再プリントアウトすることを忘れずに。送付状はあくまでも気持ちの(あってもなくてもいい)問題なので、そんなに神経質になる必要はありません。

その中身については、例えば「他社にはない○○がある」や「社員が楽しそうに仕事をしている。」などなど。あまり深く考えずに、自分だけの送付状を作りましょう。

以下に送付状の書き方の例を記しますが、ホームページの性質上大変見づらくなっておりますので、適宜解釈してください。

【スポンサーリンク】

送付状の書き方・例(1)

【PDF】縦書きの送付状の書き方・例(1)


拝啓   貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、○月○日発行の求人情報誌△△誌上において、貴社が経理部門の経験者を募集していることを知りました。さっそく応募させていただいた次第でございます。

 私は、これまで過去五年間にわたり、私立高校において学校事務を経験してまいりました。学校でも経営するということでは一般的なビジネス社会とさほど違いはなく、それなりに充実した毎日を送ってまいりましたが、三十歳目前にして、より力強い企業活動の中で組織と経営を学びたいと考えるようになり、思い切って転職を決意いたしました。

将来的には公認会計士の資格を取得し、経営計画などの中枢的な仕事ができるようになりたいと考えております。

 お目にかかってお話をする機会がいただけたら幸いです。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

敬具

平成○年○月○日
 東京都○○区△△町一丁目二番三号
 序部 月太
株式会社○○商事
 総務部部長 面接 好男様


トップ

送付状の書き方・例(2)

【PDF】縦書きの送付状の書き方・例(2)


拝啓   貴社ますますご発展のこととお喜び申し上げます。

 さて、○月○日発行の求人情報誌△△誌上において、貴社が設計部門で募集をしていることを知り、さっそく応募させていただきました。

 私は過去三年にわたり建築現場で施工管理を学んできました。現場の職人にはとてもかわいがられ、よく「序部さんの書いた図面で施工したい」と言われるようになり、設計という仕事に就いてみたいと思うようになりました。

  そんな矢先、「未経験の人にも親切指導」という貴社の広告に心を奪われました。
現在では学歴だけを重視し、本当にやる気のある人間の門出を閉ざしてしまう企業が多くなっており、貴社のような寛大な心を持った企業でぜひ働きたいと思いました。

 乱文ではございましたが、なにとぞ面接のチャンスを与えてくれますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具

平成○年○月○日
 東京都○○区△△町一丁目二番三号
 序部 月太
株式会社○○建設
 人事部部長 建設 太郎様


トップ

送付状の書き方・例(3)

【PDF】縦書きの送付状の書き方・例(3)


拝啓   貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、先日は貴社の会社説明会に参加させていただき、誠にありがとうございました。 私たちに対して、ご多忙な社長ご自信が直接、会社の経営方針、企業の特色などについて、熱意を込めて語られたことに大変感動を覚えました。

 また、「数年後には株式公開し、店頭登録企業にしたい。」「企業は従業員と社会のために存在理由がある。」というお言葉に強く惹かれました。

 そうしたことが反映してか、受付けでの明るく親切な応対態度、そして社員を代表して、「私はなぜこの会社に入社したか」と目を輝かせて語ってくださった○○先輩の顔が、今でも私の脳裏に焼き付いております。

 私もぜひ、貴社のような前途に希望の有る若々しい企業で働きたいと思います。

 ここに、履歴書及び職務経歴書を送付しますので、何卒、入社試験のチャンスをお与えくださいますよう、お願い申し上げます。

敬具


トップ

お礼状の書き方(例)

お礼状の書き方(例)/会社訪問後

【PDF】お礼状(例)


前略

 昨日はお忙しい中お時間を割いていただき、誠にありがとうございました。

先輩方の熱心なお話をおうかがいし、ますます御社への志望と熱意がこみ上げてまいりました。特に○○先輩の「営業の仕事は休みがないと思ったほうがいい。ただし、努力すれば必ず報われて認められる」というお話には感銘し、私の営業に対する気持ちをさらに引き締め、期待が膨らみました。
何よりもイキイキと働かれている先輩方の姿を拝見し、私もその仲間に入れていただきたいと強く思います。

 これから筆記試験、面接、と就職活動はこれからが本番です。
先輩方にいただいた数々のお言葉を頭に入れ、精一杯頑張る所在ですので、今後ともよろしくお願いいたします。

 先輩のますますのご活躍をお祈りし、取り急ぎ御礼申し上げます。

草々

平成○年○月○日
 △△大学△△学部四年 序部 月太
阿井 上尾様


トップ

Eメールの書き方(例)

件名:面接の御礼


○○株式会社
総務部 面接 好男様

 私は△△大学の序部月太と申します。
先日はお忙しい中、面接をさせていただいてありがとうございました。

役員の方々の厳しい表情と、鋭い質問には正直とまどいましたが、それだけ私に対して真剣に耳を傾けていただけていると分かり、感激しました。

特に××部長の「○○について」のお話は、………
<中略>

よいお返事をいただけるよう祈りながら、ご連絡をお待ちしております。

取り急ぎ、面接の御礼まで申し上げます。


△△大学△△学部 序部 月太(じょぶ げった)
e-mail:info@job-getter.com
home page:http://www.job-getter.com(持っていれば)
住所:〒000-0000 東京都○○区△△町一丁目二番三号
電話:03-1234-5678


トップ