ジョブゲッター.COM

休憩時間とは

労働者を保護する目的として施行された法律で、一日の労働時間に対して与えられる休憩時間のこと。

労働時間が長時間に及ぶと、労働者は心身共に疲労をもたらし、作業能率が低下するばかりでなく、ケガや事故といった災害を起こす可能性もあることから、疲労回復を目的として休憩時間を与えることになった。

なお、労働基準法第34条第1項によると、使用者は労働者に対して、労働時間が6時間〜8時間以内の場合は45分、8時間超の場合は60分(1時間)の休憩時間を与える義務があるとされている。

勤務時間による休憩時間の例

これに対して「休日」とは、労働基準法第35条第1項によると、使用者は労働者に対して少なくとも毎週1日以上の休日を与えなければならないとされている。ただし、同条第2項によると、4週を通じて4日以上の休日でもよいとされている。

休憩時間の関連語句