ジョブゲッター.COM

雇用保険とは

雇用保険とは、雇用保険法によって定められた保険制度のことで、「失業保険」とも呼ばれている。雇用保険は、厚生労働省が管掌する保険事業であり、その事務手続きなどはハローワーク(公共職業安定所)が行っている。


雇用保険の主な役割
  1. 労働者が失業してその所得の源泉を喪失した場合、労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合及び労働者が自ら職業に関する教育訓練を受けた場合に、生活及び雇用の安定と就職の促進のために失業等給付を支給する。
  2. 失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上その他労働者の福祉の増進を図るための三事業を実施する。

上記の通り、雇用保険の趣旨としては、労働者が何かしらの事情で失業してしまった場合、再就職するまでの間、生活を安定させ円滑に就職活動が行えるように支援することが挙げられる。

よって、再就職をする意思がない方には支給されないことになっている。しかし、実際にはアルバイトなどをしている(収入がある)にも関わらず、不正に雇用保険を受給している方も少なくないようだ。

また、雇用保険はごく一部の事業所を除いて、強制的に加入しなければならない強制保険なので、万が一あなたが勤務する会社で、給料から雇用保険料として差し引かれていない、つまり雇用保険に加入していない場合、総務部門の担当者に事情を説明してもらうことが望ましい。

詳しくは、最寄のハローワークに問い合わせよう。
関連記事:雇用保険の手続き

雇用保険の関連語句