ジョブゲッター.COM

合同会社(LLC)とは

2006年5月1日の新会社法施行後、新しく設立できるようになった会社類型のことで、有限責任(弁済責任が出資金の範囲内)を負う社員で構成された会社のこと。「日本版LLC(Limited Liability Company/リミテッド ライアビリティ カンパニー)」とも呼ばれる。

アメリカなどでは、このLLCは株式会社にも匹敵するくらい活用されている制度で、日本では、新会社法施行後、有限会社制度がなくなる一方、この合同会社という制度は起業が促進される一因として期待されている。

従来のビジネス(株式会社など)は、「設備投資を行えば利益を生み出すことができる」という考え方が強く、いわば「物」を主体に考えた会社であったが、合同会社は人的会社とも呼ばれ、人が有する知識や技術、あるいはノウハウや特許こそが利益を生んでいるのではないか?ということから、「人が利益を生み出す」という「人」を主体とした思想から生まれた会社である。

また、合同会社の大きな特徴としては、「有限責任」と「定款自治」が挙げられる。従来の会社法では、「有限責任」「定款自治」の会社は設立することができなかったが、新会社法施行後は設立が可能となった。

新会社法施行後、設立可能の会社類型には、株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の4種類あるが、下記の通り、株式会社は「有限責任」と「法規規制」、合名会社・合資会社は「無限責任」と「定款自治」を特徴としているので、合同会社はその中間にあたる。

会社類型による責任と運営の違い

会社類型 責任運営
株式会社 有限責任法規規制
合名会社 無限責任定款自治
合資会社 無限責任定款自治
合同会社 有限責任定款自治

定款自治とは…出資金額に関わらず、利益配分や権限などを決定することができる。

合同会社(LLC)の関連語句