ジョブゲッター.COM

管理職とは

労働現場(会社や職場)において、部下などを指揮して組織の運営を担当する人のこと。具体的には、会社の課長以上の役職者が管理職に該当し、学校などの教職員の場合では教頭以上が該当する。

国家公務員については、国家公務員法(総務省)に基づき、管理職員の範囲が定められているため、一般係員が管理職員に該当するといった場合もあるため、一概にはいえない。

なお、労働組合法において管理職として認められる場合は、労働組合に加入または結成する権利がないと解釈されるため、「労働組合に所属することができる=残業手当の支給を受ける権利がある」一般従業員と管理職とを区別して用いられる場合が多い。

また、建設現場などの現場監督、飲食店店長、営業所の所長といった「管理監督者」については、労働基準法第41条の「事業の種類にかかわらず監督若しくは管理の地位にある者又は機密の事務を取り扱う者」は労働時間・休憩・休日の規定から除外されているため、残業は付かないとされている。

中間管理職とは

中間管理職とは、中間管理者またはミドルマネージメント(middle management)とも呼ばれるもので、管理職でありながら上位管理職(最高管理者)の下に位置し、部門管理を担当する人を指す。

一般的には、課長、部長、次長と呼ばれる人を指すことが多いが、取締役の指揮命令に従うということから、部長は中間管理職に含まれないという場合もある。

よって、中間管理職は主に課長を指している場合が多く、課長は上位管理職(部長・所長など)の下、係長(係員)よりも上の役職に位置し、企業の経営陣からの方針や戦略を、部下に的確に伝えるのが主な役割となってくる。

管理職・中間管理職の関連語句