ジョブゲッター.COM

キャリアエクスプローラー(求職中)マークとは

社団法人・応用物理学会が新設した、大学院で博士号を取得した方(以下、大学院卒)が求職中であることを示すマークのこと。

キャリアエクスプローラーマーク
キャリアエクスプローラーマーク
提供:社団法人・応用物理学会
参考:「学術講演会におけるキャリアエクスプローラーマークの新設」より

大学院卒の就職難が深刻化する昨今、応用物理学会は求職中の博士たちが学会で発表する際に、この「キャリアエクスプローラーマーク」を明示することで、企業への就職に役立ててもらいたいとしている。

以前までは、発表時に所属と氏名などを明らかにするものの、その博士が求職中であるかどうかは分からなかった。しかし、2007年9月に開催される学会(北海道)では、下記の場所にキャリアエクスプローラーマークの表示が可能となるそうだ。

  1. 口頭発表:タイトルページ(スライドの一枚目)
  2. 掲示発表:タイトル付近

学会には、企業の部長クラスや研究所長なども参加しているため、企業へのPR、あるいは興味があればその場で面接も可能となる。

ちなみに、博士課程の入学者は国の「大学院生倍増化計画」を受け1990年度の7,813人から急増、最近でも17,000人台が続いている。しかし、それに対する就職率は約60%程度にとどまっており、大学での任期付き研究職などの数も15,000人を超え、その高齢化も問題視されている。

また、同学会では、毎回約4,000人程度が発表しているそうだが、そのうち不安定な身分(大学での任期付き研究職など)にある博士はおよそ12.5%の500人程度いるそうだ。

キャリアエクスプローラー(求職中)マークの関連語句