ジョブゲッター.COM

景気ウォッチャー調査とは

2000年より開始された経済調査のことで、発案者は元・経済企画庁(経企庁)長官の堺屋太一氏。日本国内の景気を予測するため、タクシードライバーや居酒屋の店主などに直接話しを聞き集計を取る。「景気ウォッチャー調査」または「街角の景況感」とも呼ばれている。

調査員(ウォッチャー)の人選は内閣府から業務委託された各地のシンクタンクが行い、その数は全国で2,050人。その調査員たちの景況感を集計し、サラリーマンの給料日近く(25日〜末日)の景気を「良い」〜「悪い」の5段階で評価する。

景気ウォッチャー(調査員)の職場と主な役割

以前まで行っていた政府の景気判断では、多くの経済統計が集計開始から発表まで1〜2ヶ月かかっていたのに対し、景気ウォッチャー調査の集計結果「現状判断指数」では、6営業日後に発表できるという速報性を持っている。

よって、調査員を民間シンクタンクに委託したことにより、「低予算のわりに景気の動向に敏感」という高評価を得る結果となった。

景気ウォッチャー調査の関連語句