ジョブゲッター.COM

労働法とは

労働法とは、労働問題に関連する法律全体の総称のことで、「労働法」という名前自体の法律はなく、労働法の代表的な法令として、「労働基準法」、「労働組合法」、「労働関係調整法」があり、これらのことを労働三法と呼んでいる。

特に労働基準法に関しては法律としての強制力が高く、最近では使用者(企業側)が行政処分や刑事罰を受けるケースが急増している。どんなに小さな会社、あるいは個人事業主でも、「法律を知らなかった」という言い訳はまったく通用しないので、人を雇うときには注意しなければならない。

主な労働法について

労働条件の基準に関する法律
労働条件についての最低基準を定め、それらに達しない場合はその労働条件を無効とし、違反した使用者(企業側)には罰則を科すという典型的な労働者保護のための法律。


雇用の確保・安定のための法律
労働力の需要と供給の均衡を図り、労働力不足の解消や失業のための防止策などを規定している。


労働保険に関する法律
労働者がケガや病気、または失業した場合の生活を保障するための制度について規定している。


労働者福祉の増進に関する法律
国や使用者(企業側)が、労働者福祉の全般について行うべき事項を規定している。


労働関係に関する法律
労働者と使用者(企業側)間に紛争が起きてしまった場合の解決方法などを規定している。


その他/労働関係一般に関する法律

労働法の関連語句