ジョブゲッター.COM

就職協定とは

就職協定…、現在の学生には耳馴れない言葉かもしれないが、1997年の廃止までは、学生が就職活動を行うことによって学業の妨げとならないようにとの配慮から、企業と大学の間では、学生の就職活動の時期を4年生になってから(4年制大学の場合)、企業もそれまでは卒業見込み者にアプローチをかけないなどを制限する、就職協定という取り決めが存在した。

しかし、実際には抜け駆けをする学生や企業も多く、協定が守られていないことから、1997年をもって廃止された。現在、大学生は3年次には就職活動を行うことが定着しているが、この就職活動開始時期の早期化により、長期間にわたり消耗的な就職活動を行う学生、あるいは早期就職した学生なども、本来専門科目を習熟をすべき時期である4年次に、「学業へ専念できるのか?」と、指摘する専門家も多い。

就職協定の関連語句