ジョブゲッター.COM

試用期間とは

採用時、労働者(新入社員)を正式に採用するかどうかを判断するために、1ヶ月〜6ヶ月程度試用する期間を設けることで、いわゆる「お試し期間」のこと。一般的には3ヶ月程度、長くても6ヶ月程度の試用期間を設ける企業が多い。

試用期間といっても採用したことに変わりはないので、その期間中は社会保険や時間外手当(残業代)も適用される。また、企業側は正当な事由がない場合は簡単に解雇できるわけではなく、労働者側も勤務態度が非常に悪い場合や遅刻を繰り返すなど、会社に対して非協力的である場合は解雇される正当な事由となる。

企業側が試用期間中に判断する主な事項

試用期間中これらの事項に問題がある場合、本採用を拒否できる正当な事由になる。

ただし、14日以上勤務したあと採用に至らず解雇する場合は、通常の解雇手続きと同様、30前に解雇予告を行うか、解雇予告手当として30日分の平均賃金を支払わなければならない。

試用期間の関連語句