ジョブゲッター.COM

裁量労働制度とは

使用者(企業)が業務の進め方や時間配分を指示せず、本人の自己裁量と自己責任によって仕事の進め方や勤務時間の計画を立てられ、主体的に仕事を行う制度のこと。つまり、労働時間の長短とは関係なく一定の労働とみなす。

例えば、社内で広報や調査・分析などを担当する労働者や、デザイナー、編集者、新商品開発担当者など、労働時間と業績(利益)が必ずしも連動しないような職種が挙げられる。

裁量労働制度の特徴としては、労働時間という概念がないため時間外労働(残業代)などの手当は支給されない。また、出勤・退社の時間は自由に設定できるが、一定の成果を出すために裁量労働を適用する以前よりも長時間働かざるを得ない状況になる場合もある。

なお、裁量労働制度を採用するには、労働基準法38条の3及び38条の4の要件を満たす必要があり、現在、厚生労働大臣指定職種も含めた主な職種は下記の通りである。

裁量労働制度の関連語句