ジョブゲッター.COM

人事考課とは

従業員の勤務態度や実績など、人事や労務管理の一環として管理者が適正に評価を行うことをいう。各従業員の勤務態度をはじめ、業務の遂行能力、業務実績などから管理者は適正に評価し、賃金、昇進の有無、配置異動、能力開発などを決定する。

日常的に行われている人事考課は下記の通り。

これらによって従業員の賃金や昇進に直結することになる。よって、人事考課あるいはそれらを行う者は責任重大な役割といえるだろう。

ただし、実際に人事考課を行う者は基本的に上司である評価者となる。生身の人間による評価であるため、「過大評価」や「寛大評価」、あるいは「対比誤差」といった人間特有の評定誤差が絶対ないとは言い切れない。

もちろん、評価が明らかに適正ではなく、会社がその査定を証明できない場合は賃金の差額等を請求することはできる。)

ちなみに、人事考課を行う企業は「年功序列型」の企業、つまり新卒者を中心に採用している企業に多く見られる傾向があったが、現在では転職者(中途採用)を主体に採用を行う企業が多く、「能力主義型」の評価へ移行しつつある。

人事考課の関連語句