ジョブゲッター.COM

セクハラとは

セクハラとは、セクシャルハラスメント(Sexual harassment)の略称で、「性的な嫌がらせ」という意味で用いられる言葉のこと。

もともとはアメリカから輸入された概念だが、日本では1980年代末頃から用いられるようになり、1989年には「旧・株式会社日本通信教育連盟(現・株式会社ユーキャン)」が主催する「新語・流行語大賞(新語部門)」で、金賞を受賞した。

セクハラは、1986年4月より導入された「雇用均等法(男女雇用機会均等法)」により、事業主がセクハラを防止(従業員への周知・啓発や苦情・相談窓口の設置など)するよう義務付けされ、主に女性差別や女性を保護する意味で用いられてきたが、近年では、被害者が女性だけとは限らなくなってきている。

具体的なセクハラ被害とは、その度合いにもよるが、下記のような言動を職務的立場を利用して行うことをいう。

これらのようなことを行い、拒絶した相手に対して減給や解雇といった不利益を与えたり、本人と特定できるよう文書や写真を社内に貼る(あるいは身内・知人にFAXを流す)といった嫌がらせをしたり、あるいは脅かしたりすることをいう。

セクハラの関連語句