ジョブゲッター.COM

社会保障カードとは

2011年度中をめどに、導入の検討が始まっている「社会保障カード(仮称)」。

社会保障カードは、健康保険証、年金手帳、介護保険証、といったそれぞれの社会保障を、ICチップを組み込んだカード1枚で管理できるというもの。

これにより、制度ごとにバラバラの情報をまとめて管理することで、事務作業効率が向上、結果、全体の社会保障費を抑えることができるそうだ。

社会保障カード(仮称)の政府・与党方針

また、自分の健康診断結果や介護・医療費用などの情報も統合するような構想だが、厚生労働省では、社会保障カードでどこまでの情報を引き出せるかは全くの未定のようだ。

ちなみに、現段階の試算によると、社会保障番号の導入時に1,240億円、その後も毎年775億円が必要とされている。

社会保障カードの関連語句