ジョブゲッター.COM

SPIとは

企業の就職試験(筆記試験)などで実施される、マークセンス(鉛筆でマークした解答を機械が読みとって採点する)方式の適正検査のこと。

厳密には、リクルート社の人事測定事業部(現リクルートマネジメントソリューションズ)が開発した、総合適性検査「SPI(Synthetic Personality Inventory)」のみを指す。

SPIとは適正検査のうちの一つで、かつてのバブル全盛期では大半の企業が実施していた。その後、学生向けの就職対策本が続々と販売されてきたため、SPIを実施しなくなった企業もあったが、現在でも実施率が高く、企業からの根強い支持率を誇っている。

企業側からしてみれば、SPIの実施により学生の基礎学力から職種の向き・不向きが手軽にチェックできるため、大変便利なツールとなっているが、学生(受験者)のために簡単にSPIの流れについて説明する。

上記のように、SPIの問題は全て小・中学校の基礎学力がしっかりと身についていれば容易に解答できるものばかりだが、いかに効率よく、短時間で解いていくかがカギとなる。現在は、数多くのSPI対策本が市販されているため、事前に研究しておく必要がある。

SPIの関連語句