ジョブゲッター.COM

名刺交換

ビジネスシーンで初対面の際、まずはじめに行うことは挨拶とこの名刺交換です。名刺交換は、あなたの第一印象が決まってしまう大事な機会ですので、気持ちよい印象が残るようにしましょう。

名刺とは、その人の「顔」や「第二の人格」ともいわれる大切なものなので、いただいたら丁寧に取り扱うように心がけてください。

また、会社の看板を背負ったビジネスパーソンとして、礼儀正しく、相手を立てるという気持ちを忘れずに行いましょう。

【スポンサーリンク】

名刺交換の手順

  1. 名刺の受け渡し・受け取りは立ったまま行う。
    • 出す順番は、目下の者、または訪問した側から出す。
    • 上記で出し遅れた際は、「お先にちょうだいいたします」、「申し遅れました、私…」などとお詫びの言葉を添えてから名刺を渡す。
  2. 相手の目を見て、社名・名前を名乗って名刺を渡す。
    • 例:「はじめまして、わたくし、●●●(会社名)の○○○○○(フルネーム)と申します。よろしくお願いいたします。」
    • 相手の名前が読めないときは、マナー違反ではないので、「失礼ですが、何とお読みすればよいのでしょうか?」と尋ねる。
  3. 渡す際、相手に読める向きにし、胸の高さで差し出す。
  4. 受け取り・受け渡しは両手が大原則。
    • 渡すときも両手が基本。
    • 両手で名刺を受け、「○○様いらっしゃいますね?」とその場で相手の名前を確認する。
    • 同時交換の場合は、名刺を右手で差し出しながら左手で相手の名刺を同時に受け取る。
  5. 受け取った名刺は胸の高さより下に置かない。
    • 男性は胸ポケットに入れる、または手で持つ。
    • 女性はカバンに入れる、または手で持つ。

受け取った名刺の置き方

名刺交換のタブー