ジョブゲッター.COM

人物紹介

名刺交換と同様、面識のない人同士の間に立って紹介し合う場合は、まずその順番に気をつけましょう。ただし、名刺交換とは違いお客様や目上からではなく、身内や目下の者から紹介していくのが原則です。

紹介されたときは会社名・所属部署とフルネームを名乗り、挨拶をしっかりとしましょう。

例:「はじめまして。●●●(会社名)△△△部の○○○○○と申します。よろしくお願いいたします。」

また、紹介が終わったら自分との関係や紹介した人について説明を入れておくと、その後の会話がスムーズになります。

【スポンサーリンク】

紹介する順番の原則

ビジネスシーン別紹介方法

社内の上司や同僚を社外の人に紹介

  1. 社内の者を先に紹介する。
    • 例:「●●様、こちら△△部課長の○○()です」
    • 上司でも呼び捨てで紹介する。
  2. 社外の人を上司に紹介する。
    • 例:「△△課長()、こちらは●●●(会社名)の○○様()です」
    • 肩書きや敬称をつけて紹介する。

一人の人に、社内の複数の人間を紹介する

一人の人を社内の大勢の人間に紹介する