ジョブゲッター.COM

写真家とは

写真家といっても、下記のような様々ジャンルがある。

ほとんどの写真家は自分の得意分野を持っており、その分野についての撮影を専門に行う。また、大半の写真家は、フリーランスとして活動することが多い。

写真家・写真屋になるには

写真家になるには特に資格は必要ないが、色盲や色弱など視覚障害がないことが第一条件。写真学科のある大学や写真系の専門学校で基礎知識を学ぶのが一般的で、就職先は、新聞社や出版社、フォトスタジオなどがあるが、自分の尊敬する写真家に弟子入りするケースもある。

また、近年ではデジタルカメラが普及しているので、デジタルデータを扱えるのも有利になる場合がある。写真店を経営する場合などは、「写真技能士」という国家資格を取得することで、自らの技術への信頼と、写真店としての信頼が高まる。

写真家の転職・求人情報

現在、当サイトでの写真家に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する