ジョブゲッター.COM

陶芸家とは

陶磁器は通称「焼き物」と呼ばれ、日常生活に欠かせない食器の他、衛生陶器、タイル、碍子などが上げられる。陶芸家と呼ばれる人達は、この陶磁器を

土もみ→形作り→轆轤(ろくろ)回し→絵付け→窯焼き

という製造工程をほとんど手作業で行う。しかし、陶芸家と呼ばれるまでには「土こね3年、轆轤8年」といわれるほど、長い期間の修行が必要とされている。
近年では、国内・国外問わず、この独創性・オリジナリティーあふれる和食器に注目が集まっている。

陶芸家になるには

陶芸家になるには、特に学歴や資格は必要ないが、長い期間の修行を覚悟しなければならない。一般的には、美術系の大学や専門学校、公共職業訓練校などで専門知識を学び、求人募集や縁故などで窯元や事業所に就職するのが一般的。

陶磁器の主な産地は、愛知県(瀬戸・常滑)、岐阜県(多治見・土岐)、三重県(四日市)、滋賀県(信楽)、石川県(小松)、佐賀県(有田)、栃木県(益子)、岡山県(備前)、山口県(萩)、愛媛県(砥部)などがある。

陶芸家の転職・求人情報

現在、当サイトでの陶芸家に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する