ジョブゲッター.COM

アートコーディネーターとは

展覧会や美術展、イベントなどの運営、進行、スケジュール、予算の管理や、展示作品の選択まで主催者側の目的やテーマに沿って総合的に調整を行うのが仕事。学芸員の資格を持っている人が多く、過去の実績や芸術関係の人脈が仕事量に反映してくる世界といえ、イベントごとにフリーランスとして契約している場合が多い。また、海外との交渉も多く、幅広く活躍するためには、語学力は必須。海外の博物館や美術館で学芸員の研修に参加しておくと、そのキャリアが認められ、仕事の依頼も増える可能性大だ。

アートコーディネーターになるには

経験や実績を積むために、最初は活躍しているコーディネーターのアシスタントとして働くとよい。仕事を覚えると同時に人脈も広げていく努力が将来につながるだろう。

アートコーディネーターの転職・求人情報

現在、当サイトでのアートコーディネーターに関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する