ジョブゲッター.COM

装丁家とは

本の表紙やブックカバーなど外観のデザインを手掛ける。いかに読者の目や心を惹きつけるデザインを施すことができるかが大切であり、その出来栄えが本の売り上げを大きく左右するといっても過言ではない。

装丁家になるには

美術系の大学や専門学校でデザインに関する基礎知識や技術を学び、卒業後はデザイン事務所や編集プロダクション、出版社などに就職する。あるいは、実績のある装丁家のアシスタントになり、知識と経験を積む。様々な仕事をこなしながら、実績を重ね、センスを磨こう。実力がつけばフリーとして活躍することも可能だ。

装丁家の転職・求人情報

現在、当サイトでの装丁家に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する