ジョブゲッター.COM

画商(ギャラリスト)とは

画廊やギャラリーを経営し、芸術作品の販売を行うことを仕事とする。お気に入りの作品を収集して展示会を開催したり、無名や若手芸術家を発掘し、作品を売り出すこともある。そのためには、芸術作品を見極める確かな目と情報収集能力、行動力が不可欠である。

画商(ギャラリスト)になるには

特に資格はない。既存の画廊やギャラリーへ就職し、美術鑑定能力を高める修業をしよう。ただし、一般募集はほとんどない。海外との取引もあるので、語学力も必要とされる。美術品に関する幅広い知識が求められ、また、市場における価値、収集家の傾向を常に把握しなければならない。経験や実績を積みながら、美術品を正当に評価する目を養っていこう。

画商(ギャラリスト)の転職・求人情報

現在、当サイトでの画商(ギャラリスト)に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する