ジョブゲッター.COM

彫刻家とは

彫刻作品を作り、販売し利益を得るひとをいうが、彫刻家だけで生計を立てているひとはごく少数。多くの彫刻家が学校の美術教師や講師を兼業している。作品が認められ、知名度も上がると美術館やデパートなどから個展を依頼されることもある。買い手は主に自治体や企業で、屋外に展示されることが多いようだ。

彫刻家になるには

美術系の大学や専門学校で彫刻やデッサンの基礎を学び、技術を磨こう。著名な彫刻家に弟子入りし、修業を積むという道もある。彫刻家を目指すなら、確かなデッサン力が必要となるので、早いうちからデッサンの練習をするとよい。日展などの美術展に出品し、入賞すると制作依頼も増え、活躍の場も広がる。

彫刻家の転職・求人情報

現在、当サイトでの彫刻家に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する