ジョブゲッター.COM

映像プロデューサーとは

映画やテレビ番組などを制作する際に、番組の企画立案をしたりスポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理することを行う職業のこと。制作総指揮者のことで、「エグゼクティブ・プロデューサー」と呼ばれることもある。

映像プロデューサーになるには

特別な資格や免許は必要なく、映像系の大学、短大、専門学校を学んだ後、映像関連制作プロダクションや、テレビ局に入社するのが一般的。映像や番組制作のすべての過程を理解していなければ務まらない仕事であり、テレビ局や番組制作会社に入社しとアシスタント、ディレクター、プロデューサーと昇進し役割が徐々に大きくなってゆく。映像プロデューサー同様、クオリティの高いCGや画像処理技術、技術開発まで、幅広い知識と技術を得られる『CGエンジニア検定』、映像産業で活躍をするための基礎知識を学ぶ『映像音響処理技術者資格認定』を取得しておくと有利だ。また、効率的な制作進行のために、自らのイメージを制作スタッフたちに伝えることに役立てるため『コミュニケーション学』『マスコミ学』なども学んでおこう。

映像プロデューサーの転職・求人情報

現在、当サイトでの映像プロデューサーに関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する