ジョブゲッター.COM

放送記者とは

政治や経済、社会などさまざまな分野で人々が関心を持つ情報(ニュース)を、視聴者を代表していち早く取材する職業のこと。『取材記者』ともいわれる。放送記者は原則とし、NHKと民間放送(民放)の各放送局の職員が社員となり、全国でNHK54、民放186の放送局に配置されてる。放送局のほとんどは、県庁所在地クラスの大都市に置かれ、取材範囲は主に国内はもとより海外で取材する場合もあり、中には海外特派員として常駐することもある。通常、報道局に属し、外勤記者、内勤記者に分けられ、外勤記者は、国会、県庁、警察などの主な公共機関の記者クラブなどに常駐して取材に当たる。編集記者あるいはニュースディレクターは内勤記者、内勤と外勤の中間の遊軍記者もいて、事件に応じて外に出て独特の取材や応援取材をする。

放送記者になるには

特別な資格や免許は必要なく、政治学、社会学科、マスコミュニケーションのある大学や短大、専門学校で学んだ後、放送記者は身分上放送局の社員が職員とされているため、テレビ局、ラジオ局へ就職するのが一般的。入社試験は、NHKで新卒者27歳までなど、年齢制限をする局もあるが、学部を指定することはなく、また新聞や放送などマスコミ関係の学科を優遇することもありません。高い識見と幅広い教養が求められているだけで、専攻についてはまったく自由なのが特徴である。 情報化時代の現代ではテレビ・ラジオでは情報番組が脚光を浴びてきており、放送記者の重要性はますます高くなっており、また映像化時代の先端を行くので若者に人気があり、競争率は高くなる一方で、放送記者になる道は極めてけわしいといえる。

放送記者の転職・求人情報

現在、当サイトでの放送記者に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する