ジョブゲッター.COM

レコーディングエンジニアとは

ボーカルや楽器の種類別に生伴奏の録音作業で、別の楽器を入れたり、取り直すといった技術を担当する職業のこと。録音終了後のミックスダウン(複数のトラックに録音された音源を、ステレオにまとめる)や音量やトーンの調整など専門技術は勿論のこと、音楽知識や録音機器の操作技術だけでけでなく、音を聞き分ける良い耳と、バランス感覚といった音楽センスが求められる。

レコーディングエンジニアになるには

特別な資格や免許は必要なく、電気・電子系及び音響系の大学や専門学校で専門的な音楽知識と録音機器の操作を学び卒業した後、レコード会社・レコーディングスタジオなどに所属し修行を積むパターンが多い。音楽が好きなだけでなく、理論や器材の簡単な修理技術、手先の器用さ、感性が必要とされる。

レコーディングエンジニアの転職・求人情報

現在、当サイトでのレコーディングエンジニアに関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する