ジョブゲッター.COM

録音技師(サウンドマン)とは

映画撮影やテレビ番組制作において、録音全般を担当する人。別名「音の設計士」とも言われるように、役者の台詞とともに周囲の音や効果音、アクションノイズを同時に計画的に録音する。ブームと呼ばれる長い棒の先端部分のマイクによる撮影中の録音に始まり、撮影後のアフターレコーディング(アフレコ)と呼ばれる作業では、台詞の再録音や整音を行う。監督やディレクターの指示で録音するだけでなく、事前に脚本や台本等をチェックし、台詞や効果音、BGMなどの音楽が入る場所をチェックし、作品全体の音の構成を考えておかなくてはならない。時には、音楽を担当する音楽家を選ぶという作業も入ってくる。優れた聴覚と音感とともに、音全般に関する知識や技術が要求される職業だ。

録音技師(サウンドマン)になるには

録音に関する専門的な知識や技術を要する仕事なので、映画関係の専門学校で基礎から学ぶとよいだろう。卒業後は、制作会社に就職し、助手からスタートし経験を積もう。また、フリーランスの録音技師に弟子入りするという道もある。

録音技師(サウンドマン)の転職・求人情報

現在、当サイトでの録音技師(サウンドマン)に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する