ジョブゲッター.COM

靴製造工とは

靴製造における工程を大別すると、デザイン・設計工程、裁断工程、縫製工程、底付け工程、仕上工程と、5つに分かれている。靴製造工とは、それらの工程を受け持ち、靴製造全般に携わる職業のこと。

量産方式を採用している大規模な工場では、各工程の作業がさらに細分化されていて、工程の数も増加しているが、近年は他種少量生産の傾向にあり、量産体勢の事業所は少なくなってきている。

靴製造工になるには

靴製造工になるためにの特別な資格や条件は必要ないが、入社直後は比較的熟練を必要としない作業から仕事を覚え、材料や靴の知識、製造の技術を習得していくのが一般的。デザイン・設計部門に就きたい場合は、デザイン系の専門学校や職業訓練校などで、コンピューターの操作やグラフィックソフトの基礎知識を習得しておく必要がある。

関連資格としては、「足と靴と健康協議会」が実施している「シューフィッター(プライマリー・バチェラー・マスター)」がある。この資格は、足に関する基礎知識と靴合わせの技術を修得し、足の疾病予防も同時に行う、靴販売のスペシャリスト資格で、将来独立する人にとっても有効となるだろう。

靴製造工の転職・求人情報

現在、当サイトでの靴製造工に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する