ジョブゲッター.COM

製薬工とは

医薬品は、人間の健康を守るために、医療現場のみならず、日常生活にもなくてはならない存在となっており、製薬工とは、この医薬品を原材料から合成・加工し、製品にしていく職業のこと。また、製造装置の操作・監視、医薬品の肉眼的検査を行い、品質維持も行う。
製薬工場の主な工程は下記の通りである。

  1. 製薬工程…医薬品の原料をつくる。
  2. 製剤工程…製薬工程でできたものを加工し、実際の医薬品の形にする。
  3. 包装工程…製剤工程できたものを包装し、商品として完成させる。

なお、製薬工場も自動化・量産化が進み、重労働はほとんどなく、機械が行う仕事と人が行う仕事とに区別されている(マン・マシンシステム)。

製薬工になるには

医薬品の製造では、高度な先進技術が利用されており、原則的に、製薬工には高校卒業以上の知識が必要とされている。入社後は、各企業が担当作業に必要な知識と技能について十分な企業内研修を行っており、基礎的な知識・技能から、固有技術、前後工程などの知識・技能、さらに製造技術の裏付けとなる化学・生物・工学的な知識や専門的知識を持つレベルまで、年数をかけてレベルアップしていく。

製薬工の転職・求人情報

現在、当サイトでの製薬工に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する