ジョブゲッター.COM

非破壊検査員とは

非破壊検査とは、物体を破壊せずに、キズの有無、その存在位置、大きさ・形状・分布状態などを調査する技術のことで、非破壊検査員とは、主に、ビル、橋梁、地中埋設物(配管等)、プラント、原子力発電所、鉄道、航空機などを検査する職業のこと。

検査は、

非破壊試験非破壊検査非破壊評価

の流れで行われ、基本的な非破壊検査方法だけでも、目視検査、放射線透過検査、超音波探傷検査、磁気探傷検査、浸透探傷検査、渦流探傷検査、ひずみ測定、漏れ 試験、アコースティックエミッション(AE)、赤外線検査法などがある。

非破壊検査員になるには

非破壊検査員になるには、一般的に、新卒者の場合は高校卒業者以上で就く事ができますが、工業高校、工業高専、大学の理工学部などを卒業すると有利なることが多い。また、社団法人・日本非破壊検査協会などが実施する、非破壊検査技術者(NDI)の資格取得者は、転職の際にも有利になる。

NDIとは…Non-Destructive InspectionのNon-Destructive Inspectionの頭文字を取った略称のことで、非破壊検査のこと。

非破壊検査員の転職・求人情報

現在、当サイトでの非破壊検査員に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する