ジョブゲッター.COM

ボイラー技師とは

ボイラー技師とは、財団法人・安全衛生技術試験協会が実施する国家資格のことで、中規模・大規模のビルや施設等の空調設備の保守・運転管理を行う職業である。

活躍の場は、中規模〜大規模のビル、ホテルなどの宿泊施設、デパート、駅ビルと幅広く、また、力仕事を行う職業ではないので、中年〜高齢の方が転職するケースも多い。また、空調を始め、給排水から電気など、設備全般を管理するので、様々な資格にも挑戦できる、やりがいのある職業といえる。

建設会社などの「造る建築」に対して、こちらは「守る建築」として、「縁の下の力持ち」的存在ではあるが、大変重要な職業である。

ボイラー技師になるには

ボイラー技師になるためにの特別な資格や条件は必要ないが、工業高校の機械科、電気課、設備科、建築科などを卒業するか、職業訓練校などで基礎知識を身に付けてから就職するのが一般的。主な就職先は、ビルメンテナンス会社・ビル管理会社や、建設会社のビルメンテナンスの部門などがある。

関連資格としては、ボイラー取扱技能講習を始め、ボイラー技士免許試験(特級〜二級) 、ボイラー溶接士免許試験(特別・普通)、ボイラー整備士免許試験、ボイラー据付工事作業主任者技能講習、その他にも、電気主任技術者、ビル管理技術者などがある。

ボイラー技師の転職・求人情報

現在、当サイトでのボイラー技師に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する