ジョブゲッター.COM

紡織保全工とは

紡績業や織物業の生産工場での作業は、製品の生産を行う運転作業と、機械や設備の整備・修理を行う保全作業と大別されており、これらの作業を行う職業の総称を紡織保全工(読み方:ぼうしょくほぜんこう)と呼ぶ。

紡織保全工の主な仕事内容は、保全計画の立案、機械設備機の検査・整備、点検・調整、安全施設や防火施設の点検、関連施設や機械の管理、受入検査、故障箇所の修復、機具・部品・用材の管理など、多岐にわたる。

紡織保全工になるには

ボイラー技師になるためにの特別な資格や条件は必要ないが、工業高校の機械科、電気課、設備科、建築科などを卒業するか、職業訓練校などで基礎知識を身に付けてから就職するのが一般的。

紡織保全工の転職・求人情報

現在、当サイトでの紡織保全工に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する