ジョブゲッター.COM

無線通信士とは

無線通信士とは、財団法人・日本無線協会が実施する無線従事者国家試験のことで、下記の通り、「総合」、「航空」、「海上」、「陸上」など様々な分野に分かれている。

中でも、総合無線通信士とは、無線通信関連の中で、最も広範囲の無線設備の通信操作等ができる資格であり、1級は国際航路の船舶、航空機など、国際通信を含めたすべての無線設備の通信操作を行うことが出来る。

2級は国内の無線通信設備、漁船や船舶、航空機などの無線操作に限定され、3級では漁船等の船舶局や、陸上に開設する海上関係無線局での無線操作に限定される。

無線通信士になるには

受験する資格によって試験内容は様々だが、基本的に全資格共に受験資格に特別な制限ないが、「総合無線通信士(1級〜3級)」については、合格率が数%という無線通信士関連の資格で、最難関となっている。ただし、大学の電気工学科などで指定科目を修得することにより、卒業後「無線工学の基礎」が3年の間免除される。

無線通信士の転職・求人情報

現在、当サイトでの無線通信士に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する