ジョブゲッター.COM

アクチュアリーとは

アクチュアリー(actuary)という言葉は、「actus」=(公務の)記録員という意味を持ち、「actuary」=保険計理士のこと。アクチュアリーの仕事内容とは、確率論や統計学を用いて、死亡率や事故の発生率などを計算し、生命保険や年金の掛け金の算定や、将来の支払いに備えるための準備金の適切な積み立てなどを行う。
アクチュアリーの主な活躍の場は、保険会社や信託銀行などがある。

アクチュアリーになるには

日本国内において、「アクチュアリー」とは、「社団法人・日本アクチュアリー会」の正会員を意味し、正会員の資格を取得するためには、同会が実施する資格試験に全学科合格と、プロフェッショナリズム研修の受講が必須とされる。

受験資格は大学卒業者が原則とされており、資格試験の学科には、保険数学、数理統計学、会計学、保険業法、税法などの関連法規、保険経営論、社会保険論、財務論などがある。また、幅広い実務経験が必要とされるため、一度就職して経験を積みながら学んでいくのが一般的である。

アクチュアリーの転職・求人情報

現在、当サイトでのアクチュアリーに関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する