ジョブゲッター.COM

公認会計士とは

企業の会計・監査・税務・コンサルティングのスペシャリストとして、企業の経済活動を支える職業のこと。企業は、毎年最低でも1回は決算を行っており、自社の財政状態、経営成績を財務諸表にして公表することが義務付けられているが、公認会計士には、その財務諸表を第三者の立場で監査証明できる資格が認められている。

公認会計士になるには

公認会計士になるには、まず国家資格である公認会計士の資格を取得することが必要不可欠である。 この試験には、第一次、第二次、第三次の3段階に分かれているが、最終試験である第三次試験に合格し、日本公認会計士協会に登録して、初めて公認会計士の資格を得ることになる。

資格取得後は、監査法人や会計事務所などに就職するのが一般的。また、入職先で経験と実績を積み、ビジネスとしての人脈が広がってきたところで、独立・開業を行うパターンも多い。

公認会計士の転職・求人情報

現在、当サイトでの公認会計士に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する