ジョブゲッター.COM

英文会計士とは

企業や経済の国際化に伴い、需要が高まってきているのが、この英文会計士。
英文会計士とは、米国の会計基準に基づいた「国際会計基準」で、英語による会計・簿記を行う職業のこと。

日本の会計学と同様、簿記が基礎となり、企業の業績・経営状態を英語によって書類を作成する。主な活躍の場は、外資系企業、一般企業の海外部門・海外支店などが挙げられる。

英文会計士になるには

まず、「英文会計検定(1〜4級)」に合格しなければならないのだが、財務・会計に関する高度な知識と、英語力(TOEICのスコアが500点以上で2級、700点以上で1級)が必要とされる。つまり、財務・会計関連の業務を、英語でこなすほどの能力が必要である。

英文会計士の転職・求人情報

現在、当サイトでの英文会計士に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する