ジョブゲッター.COM

土地家屋調査士とは

不動産登記に際し、現地とその隣接する土地の境界線を測量し、依頼主に代わって申請手続きを行う職業。建築物の新築や増改築、土地の変更や滅失などの際は欠かせない業務を行う職業であるが、売買によって不動産の権利が移転するような場合(権利に関する登記)は、司法書士の管轄になってくる。したがって、土地家屋調査士事務所には、司法書士、行政書士、測量士、建築士なども勤務(あるいは兼務)している場合もある。

土地家屋調査士になるには

法務省が主催する「土地家屋調査士試験」に合格し、資格を取得しなければならない。
資格取得後は、土地家屋調査士事務所、測量士事務所などで実務経験を積み、独立するのが一般的である。

土地家屋調査士の転職・求人情報

現在、当サイトでの土地家屋調査士に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する