ジョブゲッター.COM

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

ファイナンシャルプランナーとは、FP(Financial Planners)と呼ばれ、総合的な資産運用や管理方法をアドバイスする職業のこと。相談者の資産状況を分析し、投資計画や貯蓄計画、保険や相続対策などの資産設計や運用方法について、総合的な視点からアドバイスを行う。

主な活躍の場は、銀行や証券会社、生命保険・損害保険会社といった金融機関をはじめ、ノンバンク、不動産業界、流通業界、税理士事務所、会計事務所などが挙げられる。

ファイナンシャルプランナー(FP)になるには

まず、日本FP協会が主催するAFP(Affilited Financial Planner)の研修の受講、及び認定試験(2級FP技能検定)に合格することが望ましく、さらにその上級資格にあたるCFP®のライセンスを取得しておくと業務上大変有利になる。また、FPとしての一定水準の技能を示す国家資格として、「ファイナンシャル・プランニング技能検定」などがある。

ファイナンシャルプランナーの転職・求人情報

現在、当サイトでのファイナンシャルプランナー、FPに関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する