ジョブゲッター.COM

ファンドマネージャーとは

ファンドマネージャーの主な業務内容は、顧客から預かった資金を運用して収益・利益をあげることにある。具体的には、市場を分析し、そこから独自の投資信託商品を企画し、それらの商品を銀行や証券会社といった金融機関に販売することによって投資家から資金を集め、その資金から株・債権・為替などに投資し、そこから収益をあげ、投資を受けた人たちへ分配する。

ファンドマネージャーになるには

大学などで経済学・金融学を学び、投資顧問会社や投資信託会社に入社して、資産運用や投資信託のキャリアを積みながら、実績(利益)や信頼を築いていくことが一般的。
関連資格として、証券アナリストなどがあり、転職や就職の際は有利となってくる。

ファンドマネージャーの転職・求人情報

現在、当サイトでのファンドマネージャーに関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する