ジョブゲッター.COM

不動産鑑定士とは

依頼主が指定した土地・建物などの不動産を、法律に基づいて適正な価格を調査する職業のこと。 個人や法人からの依頼による民間評価と、国・都道府県の依頼による公的評価がある。独立して、不動産鑑定士事務所を経営する人が大勢いるが、銀行や保険会社、商社などでも活躍する人も増えてきている。

不動産鑑定士になるには

2006年から、新制度による不動産鑑定士試験が実施されることになった。
従来(2005年)までは3段階だった試験が2段階になり、1次試験(短答式試験)に合格後、2次試験(論文式試験)に進むことができる。そして、試験合格後、1年強の実務修習により、不動産鑑定士に必要な技能・能力を修得後、不動産鑑定士の資格を取得することになる。

有資格者としての地位、収入、将来が保証されるといわれる不動産のスペシャリスト資格ではあるが、長期間にわたる厳しい受験勉強を覚悟しなければならない。

不動産鑑定士の転職・求人情報

現在、当サイトでの不動産鑑定士に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する