ジョブゲッター.COM

海上保安官とは

海上保安官とは、海の警察官としての役割を担い、日本の海の治安や安全を守る海上保安庁の職員である。その仕事内容は3つに大別され、

  1. 警備救難業務(海上犯罪の取り締まりや海難救助を行う)
  2. 水路業務(海図や水路図誌の刊行)
  3. 航路標識業務(船舶の安全かつ能率的な航行に必要な灯台やブイの建設、整備、保守を行う)

である。ほかにも自然災害時の海上からの救難、救助活動を行う。

海上保安官になるには

海上保安官になるためには、高校を卒業後、海上保安大学校または海上保安学校に入学し、海上保安に必要な知識や技術を習得し、卒業しなければならない。海上保安大学校は、海上保安庁の幹部職員を養成する機関である。これらの学校の受験資格は、高卒であることは必須であり、大学校は21歳未満、保安学校は24歳未満だ。

海上保安官の転職・求人情報

現在、当サイトでの海上保安官に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する