ジョブゲッター.COM

外務公務員とは

外務公務員とは、外務公務員法に定められた公務員である。その職務は7つに分類されている。@特命全権大使(大使)A特命全権公使(公使)B特派大使…主に儀式に参列したり重要な任務を処理したりするために外国に臨時に派遣される大使C政府代表…外国政府との交渉、国際会議や国際機関に参加する日本国政府の代表D全権委員…外交交渉を行い、条約に署名・調印する権限を与えられている派遣使節E政府代表または全権委員の代理ならびに特派大使、政府代表または全権委員の顧問および随員F外務職員である。外務公務員は、諸外国と日本の橋渡し的な役割を持ち、日本の利害を考慮しつつ友好関係を築き上げていく非常に重要で複雑な職務を担っている。将来的には、外務省本省では、課長、局長、次官などの幹部職員候補である。

外務公務員になるには

一般的には、大学、短大、専門学校を卒業した後、国家公務員試験T種や外務省専門職員採用試験に合格した上で外務省に入省する。

外務公務員の転職・求人情報

現在、当サイトでの外務公務員に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する