ジョブゲッター.COM

家庭裁判所調査官とは

家庭裁判所調査官とは、家庭裁判所が取り扱う家事および少年事件についてあらゆる角度からアプローチし、解決までの援助を行う人をいう。勤務先は家庭裁判所であり、家事部においては、離婚、児童虐待、遺産相続などの家庭内トラブルについて、当事者や関係者から事情を聞き、調査を行い、解決へと導く。少年部においては、14歳以上20歳未満の少年犯罪について、罪を犯した少年の家庭や生活環境などを調査し、非行に至るまでの原因を探ることにより解決策を探る。いずれの場合も、デリケートな事象を扱うことから、法律的、心理学的な知識のみならず、人としての優しさや強さが求められる職業である。

家庭裁判所調査官になるには

家庭裁判所調査官になるためには、家庭裁判所調査官補T種試験に合格し、最高裁に採用され、家庭裁判所調査官補になったのち、家庭裁判所調査官研修所で2年間の研修を受ける。家庭裁判所調査官補T種試験の難易度は高く、国家試験T種程度と言われている。また、合格後は、成績順に採用候補者名簿に掲載され、欠員のある家庭裁判所に対して、勤務希望地、成績などを考慮した上で、最高裁判所が順次採用を決定するため成績上位を目指してがんばろう。

家庭裁判所調査官の転職・求人情報

現在、当サイトでの家庭裁判所調査官に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する