ジョブゲッター.COM

国会議員政策担当秘書とは

国会議員政策担当秘書とは、衆参両院議員の政策立案、立法活動を専門的な立場でサポートする国会議員の公設秘書の一つである。政策秘書とも呼ばれる特別職国家公務員である。国会議員の活動を陰で支える縁の下の力持ち的な立場ではあり、研究調査、資料の収集、分析、作成などを担当し、国会議員の政策活動を直接補佐する重要な役割を担う。法律では、国会議員が付することのできる政策秘書は1人と定められている。

国会議員政策担当秘書になるには

国会議員政策担当秘書は国家資格である。衆参各議院が主催する国会議員政策担当秘書の資格試験に合格すると、合格者登録簿に名前が記載され、各国会議員の採用試験を受けることができる。採用に関しては、各国会議員の決定し、その採用者の割合は、例年1割程度。国家試験に合格したからといって政策秘書にすぐなれるものではなく、かなりの狭き門といえるだろう。

国会議員政策担当秘書の転職・求人情報

現在、当サイトでの国会議員政策担当秘書に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する