ジョブゲッター.COM

国家公務員T種とは

国家公務員T種は、各省庁の幹部候補生(キャリア)としての道が約束され、中央官庁で仕事をするためには必須な資格である。普通の公務員と比べると職務内容は忙しく、国の中枢に直接携わる重要な業務を担当する。それだけやりがいのある仕事であり、将来的にも安定した収入を得ることができるのが魅力だろう。ただし、合格率は5%ほどであり、司法試験や公認会計士試験と並ぶ最難関試験の一つと言われている。

国家公務員T種になるには

国家公務員T種の資格を得るためには、1次、2次試験に合格し、さらに面接試験に合格しなければならない。受験資格は、受験年の4月1日現在で21歳以上33歳未満である者(21歳未満でも大学を卒業または翌年卒業見込みか人事院がそれと同等と認定するものであれば可能)で、学歴や経験は問わない。試験は年1回実施され、試験内容は、行政、法律、経済、人間科学T(心理系)、人間科学U(教育・福祉・社会)、理工T(一般工学)、理工U(数理科学系)、理工V(物理・地球科学)、理工W(化学・生物・薬学)、農学T(農業科学)、農学U(農業工業)、農学V(森林、自然環境)、農学W(水産)の中から1つ選択し、1次試験(教養試験、専門試験)、2次試験(専門試験、総合試験、人物試験)を行い、超難関を突破したあとは、採用候補者名簿に登録され、採用されなければならない。この名簿の掲載有効期間は3年間である。

国家公務員T種の転職・求人情報

現在、当サイトでの国家公務員T種に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する