ジョブゲッター.COM

裁判官とは

裁判官とは、各裁判所において刑事・民事事件などの争いごとについて、証言や資料や証拠を参考にしながら、法律に基づいて判決を下す人のことをいう。ちなみに「裁判官」とは呼び名であり、最高裁、高等裁、地方裁、簡易裁、家裁に配属された判事や判事補が法廷に立つときの名称である。

裁判官になるには

裁判官になるためには、大学を卒業後、法科大学院へ入学、卒業し、新司法試験の受験資格を得なければならない。その後、新司法試験を受験、合格すると司法修習所で1年間の研修を受け、裁判所に判事補として採用される。なお、司法試験の受験回数は5年以内に3回までと決まっている。大学は法学部出身でなければならないことはないが、実際には法科大学院に進学する人の半数以上は法学部出身である。人を裁くという職業柄、偏った思想を持つ人は任官拒否ということもある。

裁判官の転職・求人情報

現在、当サイトでの裁判官に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する