ジョブゲッター.COM

消防官とは

消防官とは、消防本部に勤務する消防職員のうち、人々の安全を支えるべく消火・救急・救助・査察等の業務を行う人のことをいう。その仕事内容は大別すると3つ。一つは予防業務であり、災害防止のために家屋や建物の消防設備を定期的に検査、あるいは、防火訓練、避難訓練の指導も行っている。二つ目は、災害現場なとで活躍する警防業務、三つ目は急病人やけが人を病院へ搬送する救急業務である。各業務とも体力が必要とされるので、消防官は頻繁にトレーニングを行っているようだ。

消防官になるには

消防官になるためには、各自治体が実施している消防官採用試験に合格し、採用されなければならない。その後、消防学校に入学、消防活動に必要な知識などを学習し、訓練を受け、卒業すると各消防署に配属される。なお、消防官採用試験の受験に学歴や資格制限はない。近年、女性の採用も積極的に行われている分野である。

消防官の転職・求人情報

現在、当サイトでの消防官に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する