ジョブゲッター.COM

入国警備官とは

入国警備官とは、法務省入国管理局所属の国家公務員のことをいう。その仕事内容は、不法に入国、滞在している外国人の調査、摘発、収容、送還が主な任務である。入国者収容所の警備、収容者の処遇も任務となる。入国者の多い中国語や英語の会話に不自由のない語学力が必要とされ、その勤務内容も厳しいものである。

入国警備官になるには

入国警備官になるためには、1次、2次からなる採用試験に合格しなければならない。受験資格は、受験する年の4月現在で17歳以上23歳未満の男女。1次試験は教養試験(一般知識、知能についての筆記試験)と作文、2次試験は個別面接と身体検査、身体測定、体力検査が課せられる。合格率は3%前後の難易度の高い国家試験である。

入国警備官の転職・求人情報

現在、当サイトでの入国警備官に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する