ジョブゲッター.COM

労働基準監督官とは

労働基準監督官とは、労働基準法や労働安全衛生法などに基づき、各事業所や工場が正しい労働条件を確保しているかを調査する業務に携わる人のことをいう。労働時間、安全衛生などをチェックし、法令が守られていない場合には、事業主などに対して、改善指導を行う。また、労働に関する相談、労働災害の調査や再発防止などの指導も担当する。

労働基準監督官になるには

労働基準監督官になるためには、労働基準監督官採用試験に合格しなければならない。受験資格は21歳以上29歳未満の年齢制限以外には特にない。試験区分は、法文系の「労働基準監督A」と理工系の「労働基準監督B」に分かれており、それぞれ専門知識が問われるため、大学の法学系、工学系学部に進学したほうが有利である。

労働基準監督官の転職・求人情報

現在、当サイトでの労働基準監督官に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する