ジョブゲッター.COM

国立国会図書館職員とは

国会図書館(立法府である国会に属す)で働く職員をいい、特別職の国家公務員である。主な業務は「調査業務(国会の立法活動サポート、法案の分析・評価など)」「司書業務(膨大な書籍類・資料の整理、データベースの構築、行政・司法・国民の利用に対応する図書館サービス)」「一般事務(図書館組織の維持・管理に関する総合的な業務)」の3部門に分かれる。

国立国会図書館職員になるには

「国立国会図書館職員採用試験T種〜V種」に合格しなけらばならない。ただし、毎年欠員補充分しか採用しないためかなりの狭き門だ。T種、U種が大学卒業程度、V種が高校卒業程度の学力が求められる。採用後の職場は、国立国会図書館、国際子ども図書館、国立国会図書館関西館のいずれかになる。

国立国会図書館職員の転職・求人情報

現在、当サイトでの国立国会図書館職員に関する求人情報はありません。
求人情報で再検索、またはハローワークでお探しください。

求人広告を掲載する